スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年(平成23年)3月11日14時46分18秒。

三年前。

2011年 3月11日14時46分18秒を振り返る。

**―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―**

私は職場の休憩室に居て
昼食時間だったけど 食事は終わってた。

TVを見ていたけど
そろそろ 移動しようかなぁ…と思った時

いきなり 大地が揺れ始めた。

見ていたTVが 揺れ始めたので
慌てて 押さえに行った。

目の前で 地震速報の流れていたけれど
永い揺れで 船酔いのような状況になって
そのまま 床に座り込んで TVを押さえ続けてた。

その日の仕事は 22時まで。
その間に 何回か 余震が起きて
何度か 船酔いのような気持ち悪さが来て
仕事の途中で 休憩を貰った。

実家(岩手県)には 電話が通じず
横浜の自宅に居た相棒には
地震後 1時間位して 連絡が取れた。
自宅は ほとんど被害がないとの事。

22時の仕事終りに合わせて
相棒が 迎えに着てくれた。
会社の先輩を乗せて 帰宅。

道路は車で溢れ
路上は歩く人が たくさん居た。

都内に繋がる道路は混んでいたが
横浜の中を巡る道路は 比較的空いていたので
いつもの3倍位の時間で 家に着いた。

疲れ果てているけれど 神経が高ぶって眠れない。

一晩中 TVを付けて 情報を集めてた。

実家と連絡が取れたのは 翌日。
家の壁に 少し亀裂が入ったが
大きな損傷も無く 家族全員 怪我もなかった。

地震当日。
父と母が 三陸海岸方面からの帰宅中だったと聞いて
一日ずれていたら 津波に被害にあっていた可能性もあった。

私や家族・知人には 被害が無く
被害にあった人達を悼む気持ちが満ちた。

今も その気持ちは続いている。

一歩 何かの流れが違っていれば
誰もが被災者になる可能性がある震災。

この先も起こりうる震災に対して
これからも もっと 注意深く考え 対応し
被災した方々に 少しでも早い心の癒しがありますように。

そして お亡くなりになられた方々も
安らぎのある眠りが訪れていますように。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの   ジャンル : 日記

非公開コメント

Profile

てんてん

Author:てんてん
酒・歌・海が好きw
漫画・アニメ・ゲームも好きw
楽しいコトは 大好きだっ!
そんな人間でございます♪

New * article
New * comment
Category
Link
Retrieval in blog
New * track back
Article on the month
RSS
blotomo Application form

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。